量子場調整」カテゴリーアーカイブ

私達を支配する6つのエゴ

エゴ=自己・自我

エゴイストの略 – 利己主義者。他人のこうむる不利益を省みず、自らの利益だけを求めて行動する人のこと。

Wikipediaで引くとこのように出てきます。

私達は常に6つのエゴのゲームを繰り広げているという

①相手を支配しようとするエゴ

②相手の支配を拒もうとするエゴ

③自分は弱者、被害者だと示すエゴ

④相手に罪悪感を抱かせようとするエゴ

⑤自分を正当化しようとするエゴ

⑥相手に間違っていると思わせようとするエゴ

では、そのエゴは全くあっていけないものなのでしょうか!

答えは No!! です。

こうして並びあげるとエゴが悪者になってしまいますが、エゴがあるから私達は様々なストーリを創造し存在しているのですから。

但し、そのエゴに支配される必要はないのです。

では、どう対処していけば良いか…

『気付くこと』です。

気付いたらエゴは静かになります。

エゴはお腹が空いて泣いている子供のようなものです。

気付いているのに無視し続けるとエゴは暴れ出し育ってしまいます。

『気付く』には思考にスペースを作ることです。

私達の思考パターンは無意識からの現れです。

自分自身では気付いてもなかなか変えられないんです。
変えられないと新たな苦しみを産み出してしまいます。

量子場調整を使うとエゴに勝手に消滅して行きます。

無意識は一つで繋がっている世界ですからエゴを主張する必要性を感じなくなるです。

不思議と安心感が育ってくるのです。

地球という大きなビジョンの中で唯一エゴを持って存在している人類が創造している世界が愉快に思えてくるんです。

無意識の扉を開く量子場観察術講座は…

2017年2月4日、5日 13:00~16:00
高松 栗林コミュニティーセンター

2月5日 施術枠 若干の空きがあります。

カウンセリングでもヒーリングでもない量子場調整

カウンセリングでもヒーリングでもない量子場調整って何?

量子師になって3年目を迎え、施術を始めた頃から受けて下さっているクライアント様方はお会いする度に目覚ましく変容され人生を楽しまれている。

量子場調整はカウンセリングでもヒーリングでもない。

無意識を育て顕在意識との駆け橋を作る新しい施術

施術自体は30分程で終わる技術だが

その方がどんなことを問題としているか聞く必要がある

お聴きした内容を波動を照らし合わせて調整する

この時間をカウンセリングと呼ぶのか…

私はカウンセリングの資格を習得した訳ではないからカウンセリング能力に長けているとは言えない。

10年程前にインドで学んだ講話の話しや以前に学んでいた高次元医学の話しを盛り込みながらの会話になる。

後は自分の歩んでいた人生で体験して感じたことを素直に話している…

クライアント様の中に私を姉の様に慕ってくれる方には姉のように…

親子ほど違い年齢なのに相談してくださる方には娘になった気持ちで…

なるべく、その方の立場になって

人が変容する時は戸惑いや苦しみが生じる場合がある

そんな時は見守り、寄り添うことしかできない。

その方の可能性と量子の力を信じるしかない。

こんな私の施術でも

『人生が変わりました!』『ストレスがなくなりました!』『信じて良かった!』

喜びの声を頂けるのは技術が本物だということ。

私、自身が諦めていたトラウマや症状から解放されて自由になったから必要な方に届けられるように続けて行きたい。

量子場調整は一回で全ての問題が解決される訳ではないので新たな壁が見えた時に思い出して受けてもらえる金額設定にしてあります。

顎位調整➕量子場調整(未来設定も含めて) 90分 12000円

貴方も量子場調整で未来への扉を開いてみませんか?

演奏家に対しての施術✨

楽器を仕事として演奏するのは通常生活と違う不自然な姿勢でいるということ

長年、同じ楽器に向かっていると気付かないうちに演奏の姿勢の癖というものが出来てしまう

その癖が音の歪みとして客席に波動として伝わる

私、自身がシンギングリン奏者として今年で10年目を迎えて感じたこと

音旋響として2年目を迎えた時に起きたスランプ期

精神的なダメージをきっかけに肉体にもダメージが表れてた

腕が上がらない‼

四十肩とは良く言ったもので見事に腕が上がらなかった(>_<) 指先まで痺れて箸も落としてしまった もちろんシンギングリンなど演奏できない 休養に入り理学療法師の治療を週に2回は受けた その頃に量子場調整に出会い その2ヶ月後には量子場師になった 毎日、自己調整することで演奏後の疲れが少ない コウサカ ワタルとの音旋響の演奏は人の感情に深く入り込む 25弦を持ってサロッドは人の繊細な感情を見事に表現する 観客は寂しさや怒り、嫉妬など普段は観たくない感情に気付くことになる それば人ならば誰にでも持っている感情 音楽にすれば全て美しい 感情を越えて行き着くところは ‘’宇宙‘’ のOM 永遠と続くシンギングリンの通奏音の中に還る 60兆の細胞を振動させ感情に触れる演奏は体力を使う コウサカ ワタルの演奏も調整をしてから音に拡がりがあり残響音の最後までが美しい 奏者自身を調整をすることはもちろんだが 会場の場の設定・社会との関係性を整えることで会場と客席との一体感が素晴らしい 不思議とオファーのお声がかかる アーティスト、演奏家の方には体験してもらいたい 軽やかな身体で素晴らしい表現をしてファンタシックな未来を創造して欲しい✨

無意識は貴方の本来の姿を知っている

厳しい環境に生まれ育って傷付き

自分を守る為に小さな嘘を付いて生きて来なければいけなかったとしても

自己犠牲の中でしか生きる意味を見出だせなかったとしても

そのことを誰も責めることはできないし誰も助けることもできない

何れ無意識はその事が無意味だということを目の前の現実に反映して教えてくれる

決して言葉では言ってくれる訳ではないが

繰り返し起きる病気や事故や事件という出来事で…

その時に

『気付く』ことができるか?

『手放す』ことができるか?

無意識だけが『貴方の本来の輝いている姿』を知っている

量子場調整を繰り返し受けても

過去の自分の生き方を癖を自分自身が手放さないと決めていたら何も変わらない

自分は幸せなんだと

無理に自分に言い聞かせていたら

せっかくの無意識からのメッセージを聞き逃してしまう

量子場調整を受けると無意識からのメッセージに気付きやすくなる

過去の自分に心から

『ありがとう』

と言える自分になれる。

無意識の力

クライアント様からの質問

前に好きだった人の波動を観察していたらその人にそっくりな人に会ってしまったのですが⁉

これってなんですか?

そこでハッ‼っと気付かされてしまったのです!

無意識の力なんですね

私の場合は逆で嫌いな人の波動を観察していたら、その人に似たタイプの人ばかりに出逢うのです(((^_^;)

それも逃げられない状況で~

クライアント様はその人に会いたいという無意識が具現化したのですね素敵な恋で羨ましい

その度に沸き上がる感情をクリアリングしたり逆にその人に愛や幸せを波動で送るようにしたらその現状は消えて、お陰で苦手なタイプがなくなり自分のコンプレックスが消えて軽やかになりました(笑)

嫌いな人、苦手な人は自分の中のコンプレックスのテーマでもあるんですね。

その波動を観察することは自分のコンプレックスと共鳴を起こすことでもあるので無意識の力で現実化してくるのです。

あ~

ストレスに感じること苦手なタイプの人に出会った時こそ

チャンス到来!!!

自分のコンプレックスを乗り越えるタイミングかもしれません。

目の前に現れた人は自分の鏡でもありますから丹精込めて磨き上げると自分自身も輝き始めます☆

無意識の力って凄いですね

そんな無意識の力を知る波動観察講座は全国で開催しております。

横浜サロンはマンツーマンでご都合の合う時間で!
地方出張は2名様から受け付けております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

バリアフリーが売りの量子場調整師 叶 さとみ。