人は死ぬ直前まで役割がある…

3月3日 雛祭りは祖父の命日です。

大正五年十月十日生まれ 竜年

山形県産まれ、子供の頃から小柄で身体が弱く靴屋に奉公に出され、戦時中は乙兵として女工さん達と一緒に軍靴の修理をしていた。(乙兵は軍人として失格)
仕事が遅いと祖父は終令で呼び出されては殴られたという
自分が手早く軍靴を直したところで健康な男子が戦地に履いて行かなければいけなくなるだけだから
『すいません、自分は頭が悪いもので…』
と殴られていたという。

私が小学校の頃…
家庭の事情で祖父宅から学区外通学をしていた。
その頃、虐めにあっていて度々、登校拒否をして遅刻をする私を職員室まで付き添ってくれて
『すいません、自分が飲み過ぎちゃいまして起こしてやれなかったんです』
と頭を掻きながら下げていた祖父の顔を今でも思い出す。

この歳になって祖父の言葉や行動の一つひとつの意味がやっと理解できるようになり感謝の気持ちが尽きない。

晩年は叔父の家で過ごしデーケアに週3回通っていた。

いつものように迎えのバスに乗ろうとした時に倒れて意識がなくなり入院。
数少ない親族が集まり一頻り思い出話しが出尽くして倒れてから一週間後に安らかに永眠した。

祖父が倒れてから一週間、手を握り返す動作で私とは最期まで意思の疎通をとり合い巡回にくる看護師と医師を驚かせた。

私からの問いかけに
『そうだよ』の時は強く二回
『違う』の時は弱く一回
握り返してきた。

祖父はとても綺麗な景色を旅しながら光の世界へ旅立ったようだった。

入院中の病院に通っていたデーケアのスタッフ14人中の11人がお見舞いに駆け付けてくれ、お通夜には12人が参列して祖父の顔を撫でてくれた。

その中の数名のスタッフさんからデーケアでの祖父の様子を聞くことができた。

叶さんね、
良く遊んでくれたんですよ!
縁日ごっことか折り紙とかボール投げとか
なんでも積極的に参加してくれました。
本当、童心に戻るって叶さんみたいな方のことをいうんだなぁと
色々と企画するスタッフが励まされたんです。

叶さんね、
女の人が好きでね
『あんた若くて綺麗なんだから明るい服を着なさいよ、笑った方が可愛いよ』
『僕のお嫁さんになってよ』
って
人見知りで馴染めないスタッフに話しかけてくれるんです。
それから、そのスタッフは明るくなりまして
スタッフ同士でも良かったって話してるんです。

身近にいる家族から見たら只のボケ老人にしか見えない祖父だったが役割を持っていたのだと痛感した。

祖父の生き方を見ていて

老いることに逆らわず
老いることを苦とせず
美しく老いて逝きたい

と心に想う

『じぃちゃん、いつでも会えるよね』
二回握り返してくれた手の温もりが記憶に残っている。

仕事に就いている人と稼げる人の違い

昭和のバブル期を過ごしたオバサンのボヤキ(笑)

最近の宣伝、広告はSNSなどで簡単に発信ができ
起業セミナーなんかも充実して
また、写真加工も素人でもできるようになり
セラピストプロデュース業が流行ったりして

発信力=稼げる

そんな風潮になりつつありますが…

○○セラピスト養成講座とか
この講座を受けたら貴女もセラピストですとか

開けてみたらあちこちの講座の寄せ鍋だったり(笑)

でも、自分の生き方に悩んでいる人は引っ掛かっちゃうだろうなぁと

黙々と畑を耕しているお婆ちゃんや

何年も店の味の煮汁を継ぎ足して大事に育ててお惣菜を煮ているおばちゃん

本当、仕事に就いているよね。

ここで

数霊の話し

森羅万象

この世に存在している全てのものに霊が宿る

数にも霊が宿る

私が学んだ数霊の話し

一 = 位置

この意味は正しくスタートラインに就くという意味。

二 = 担う
位置に就いたら自分の責任を担う。

三 = 満
担うことで準備が整い時が満ちます。

四 = 仕える
ここでやっと仕事に仕えることができます。
志しを持ち事に仕えます。

五 = 互角
仕事に就き互角になり

六 = 俸禄
俸禄は昔のお給料のことです
始めてお給料が貰えます。

七 = 光
ここからは神様の世界
光は七色からでき全ての色か重なった時には無色になります。
物質的な世界から形のない世界に入ります。

八 = ∞
数字の8を横にすると∞になります。

九 = 究極
九は究極の九
また、三の三倍数になります。
満ちて、充ちて、満ち足りる。

十 =〆
ここで一旦、〆られて
また、位置に戻ります。

私が社会に出た頃は
まだ、昭和の頑固オヤジがいて
でっち奉公みたいな安給料で
半端なことしてるとスリッパで頭叩かれたりして
それでも、学歴がないのに拾ってくれたことに感謝して
有り難いとしごかれてたなぁと

なんだか昔を懐かしむ年齢になりました(笑)

自分が仕事に就きたいのか?
稼ぎたいのか?

仕事に就きたい方はどうぞこちらへ

全ての争いは分離感から

あの国とこの国
他者と自分
本当はこうしたいのにできない自分との葛藤

人の思考の中にある分離感

叶 さとみは二つの方向からのアプローチしています。

1つは演奏による集合的《集合意識》な癒しです。
私達はこの地球上に沢山の課題を持って産まれてきています。
身体が不自由という課題、お金持ちならお金持ちでの課題、お金がないならない課題、先進国なら先進国の、発展途上国であれば発展途上の、指導者という立場だったり、人に従わなければいけない立場だったり、
全ての人に共通なことは1つもありません。
人は課題に追われ過ぎると苦しみを産み出してしまいます。
あの人は裕福だから…
あの人は健康だから…
あの人は美しいから…
あの人は○○だから…
こうして、他者と自分との分離感をいつの間にかに作ってしまいます。
その分離感が苦しみの根源と言っても良いでしょう。

私達はこの地球上では人類という集合意識の中に属しており、本来であれば知恵や知識を持って助け合って生きて行くことができる存在です。

しかし、分離感の中に囚われていると争い奪い合いが始まってしまいます。

では、その分離感を消すにはどうしたら良いか?

私達の演奏はその様な問いの中から誕生しました。

シンギングリンは聞くだけでチャクラが整い、脳波がα波θ波に移行して自然に瞑想状態になるように特別に調整された楽器です。
θ波の状態はジャッチやエゴがなく願いが叶いやすい状態とも言われています。
その振動は細胞核にまで伝わります。
高周波の出る通奏音の中に感情表現豊かなインドのサロードで多国籍の要素が含まれるメロディーを奏でることで国境を越えた音楽表現を楽しみながら身体は調整されていきます。

演奏が終わる頃には会場、演者、客席が同じ周波数で調整され今までに体験されたことのない一体感を体験されることでしょう。

もう一つは個人の癒しです。

本来の自分が望んでいる自分と実際の自分とのギャップ
顕在意識(大脳)と無意識(小脳)とのギャップが自分自身との分離感を作ります。

そのギャップをなくしていくのに量子場調整という日本で開発された技術はとても有効に働きます。

私達の癖やパターン、トラウマは無意識(小脳)に刷り込まれています。

例えば
子供の頃、水遊びをしていて溺れてしまった
だから、水が怖い
大人になって子供の頃に水遊びをして溺れたことは忘れてしまった、もしくは、大人だからもう溺れることはないと顕在意識で理解していても無意識は条件反射で水は怖いと反応してしまいます。

無意識は自分では気付けないことが殆どで気付いたとしても自分で変えることは安易ではありません。

量子場調整は量子の性質と法則を活かし
無意識に直接、働きかけられる技術でクライアントの本来ありたい姿を施術者が意図することでクライアントが気付いていない癖やトラウマも消滅して行きます。

無意識の情報は全ての出来事に繋がっており、身体や精神面の不調和や人間関係のストレスに表れてきます。
無意識の情報を書き替えることにより本来の自分を取り戻し人生を軽やかに進むことが出来ます。

そして、無意識が作り出してしまった制限から解放された時に自分自身の可能性が無限にあることを知るでしょう。

想像と創造

量子は無限に自由自在に創造されている

創造されては崩壊し

また、創造されて…

無意識は貴方の想像以上の創造をしている

子供の頃のネンド遊び

はじめはネンドを何を造ろか悩んで捏ねて

ネンドを捏ねている感覚を楽しみ

作りたいものが決まると一気に造型し始める

○○を作って下さい!

と題材を決めて造るより

ネンドを捏ねている感覚の中から
自分の作りたいものが沸き出て造った方がワクワク、ドキドキと愉しかったのではないだろうか?

量子の世界もそれと似ている…

○○に成りたい!

○○の為にこうしたい!

○○にならなければいけない!

自分で自分の目的を決めてしまうより

無意識の可能性に委ねてしまう方がうまく行く

想像=大脳 顕在意識

創造=小脳 無意識

量子場調整が何か知らなく

なんだか良さそうだから受けてみよう!

なんていう気持ちで受けた方が良い結果が出たりする(笑)

体験談は腕の腱鞘炎で悩まれてたクライアント様

量子場調整が何をするのか知らなくて

紹介で量子場調整を一回受けただけで症状が改善されました

………………………

お疲れ様です!
先日、叶さんに施術して頂いた後、不思議でした。
目を閉じるとなんか光が少しユラユラ見えました。
それと夜中寝てると頭の中で電気が
ショートする様な弾けた音が
二回しました。
不思議でした。
それ以来は弾ける音はないです。
おかげ様で何故でしょう。
手が次の日にかなり収まり今ではほぼ大丈夫です。
また困ったら相談させて下さい^ ^

原因不明の歩行困難が解決しました。

量子場調整は何故、原因のわからない症状や問題を解決できるのか?

無意識(小脳)は内臓や骨格の位置関係を把握しています。

身体が動かなくなった原因の出来事の量子の場も無意識は知っています。

その場を崩壊させ新たな場を創造することで本来の身体の使い方ができる手助けをしてくれるのです。

シンプルな思考、身体の使い方を無意識が覚えるまでに多少、時間が掛かかりますが根本的な解決へと導いてくれます。

更に無意識は全体を統合する力があり問題としていたことを全体の一部として捉えることで大きな観点で解決へ導いてくれます。

三年前に突然、左足が動かなくなってしまったクライアント様

お話しをしても原因がわからないんです…とクライアント様

さてさて、量子場調整だと…

…………………………………………

先日は3回目の遠隔調整ありがとうございました。

はじめて遠隔調整を受けてから驚く程の速さで動かなかった左足が回復しております。

三年前くらいから突然、動かなくなってしまった左足

段々と左半身に力が入らなくなり杖を持つのも困難になっていました。

病院で精密検査を受けても原因がわからず鍼灸や整体院へ通っても回復の兆しが見えませんでした。
毎週のリハビリにも疲れてしまい行かなくなっていました。

そんな時に物理的療法でも解決できない症状にも…という量子場調整を知り
もしかしたらと相談させて頂いたのが初めて量子場調整を受けるきっかけでした。

左足が動かなくなった原因が全く思い浮かばないのに本当に良くなるのだろうかと疑いの気持ちもありながら調整を受けました。

初めての遠隔調整の時は身体がゾワゾワする感覚がありました。

調整後、お電話を頂いて施術前との身体の確認をして
変化を何も感じられてなかったら支払いは結構です、長期間の治療で疲れてしまっているところもありますから2,3日様子をみて納得してからお支払下さいと言われ少しビックリして電話を切りました。

その時はハッキリとした変化はわかりませんでしたが
その日の夜、布団に入り寝に入った頃に急に三年前に他界した母のことが思い出され涙が溢れてきました。
その夜は一晩中、母との楽しかった時間、看病で辛かったことと今まで忘れていたことまでが思い出され泣きながら眠りにつきました。

翌日、目が覚めると左足に少し力が入っているのを感じました。
私は最愛の母を亡くしたことが悲しかったんだ
泣く時間もなく看病の疲れても癒す時間もなく後処理に追われていたんだと気付きました。

これは本当かも知れないと早速、二回目の予約と振込み先の連絡をさせて頂きました。

あの時から2ヶ月で今では杖がなくても少し歩けるようになり
気持ちも軽く外出もしたくなってきました。

後は自分で歩く努力をして三年間使えてなかった左足に筋肉をつけて下さいと言われてリハビリにも積極的に通っています。
病院の先生も突然の回復にビックリされていて私に量子場調整の説明ができたらなと内心笑ってしまいました。

本当にありがとうございました。

………………………………

クライアント様には悲しむ時間と自分を労る時間が必要だったんですね

無意識はその方に必要なことも知っています。

全ての感情を体験、味わい尽くすにはエネルギーが必要です。

しかし、そこに囚われていてはあっという間に時間が経ってしまいこの世界を楽しむ時間が短くなってしまいます。

未来に場を創造することで過去に囚われている意識が移行しやすくなり現実に早く反映されてくるのです。