量子場調整」カテゴリーアーカイブ

2019年 垣根のない社会へ

今年の初詣は葛飾柴又帝釈天へ

御寺への初詣は何年振り

柴又と言えば『男はつらいよ』寅さん

山田洋次監督の傑作

学生時代にお芝居をやっていて山田洋次監督の人柄に直接触れる機会があった

全国リアリズム演劇会議

全国のプロ、アマ、セミプロが集まって3日間の合宿で指名された劇団が作品を発表して監督や演出家の評価を受ける

私が所属していたアマ劇団は参加人数と予算と時間の制限で選んだ題目が

詩集『わたしいややねん』吉村敬子 著
https://bookmeter.com/books/212989
車椅子で生活している少女が書いた絵本の一人芝居

ギターの演奏に手話とスクリーンに映し出された詩集

私はその前で車椅子に乗っての朗読

第一声は『わたし、いややねん』

その声は障害者からの社会への不満と演者の社会への不満をリンクさせた、演出ではできない演出、演者は演じる必要のない素材になるだろうと山田洋次監督から高い評価を受けた。

当事、劣悪な家庭環境と学校での酷い虐めにあっていた私はその胸の内を舞台でぶちまけただけだった。

『そのまま、真っ直ぐに生きて欲しい』

この言葉が私のそれから生きる支えになった。

その後の山田洋次監督の講演は渥美清の幼少期の話し

渥美清は病弱で運動も勉強も出来なかった
日本は戦時中、勝てや負かせやの時代

学校へ行けるだけで有り難いと子供達も必死で学業に勤しんだ

そんな中で渥美清は一人、自分の世界を生きていた。

どうせお前は出来ないんだから前に座る必要はないと席順はいつも窓際の一番後ろ

勉強に疲れたクラスの仲間が振り向いて見ると渥美清は鼻くそをほじりながら外を眺めている。
仲間の視線に気付きニッコリと笑い返すとクラス中に笑いの渦が沸き起こった。

彼の存在はクラスの調和を図りクラスの成績は学内で一番良かったと

駄目なんてない
劣等生なんていない
その存在が必要だからそこにいる

山田洋次監督の話しで自分の存在価値を認められるようになった

その後、東京へ出て10年住んだ目黒の碑文谷は渥美清の自宅近くで碑文谷公園に散歩にきていた

ハトに餌さをあげていると横取りしてしまうカラスを追い払おうとしている私に渥美清は隣に座って話しかけてきた

『鳥も人も強いもんが皆、食っちまう…それじゃあいけないんだがなぁ~ほれ頑張れ!頑張れ!』

山田洋次監督から聞いた渥美清の顔を身近で感じることができた。

時代背景も変わり、この10年で

○○障害
○○症
○○症候群
こんな言葉が増えたなと感じる

○○障害は障害という言葉を使っている私達が作っていて

その枠組みに収めることで社会が納得させようとしているだけのこと

私達の中の垣根が取れたら全てとは言わないが、殆どの障害なんていうものは消え

あっという間に障害のない社会が創造できるのではないかと

そう、想った

2019年 年頭でした。

地味なblogを読んで頂いてありがとうございます(((^^;)
今年も宜しくお願い致します。

変性意識音楽

貴方に出来ることは何もありません
貴方は存在しません
貴方は概念に過ぎません

貴方に出来ることは出来ることは、何も無いと知ることです

14年前、悩み苦しんでいた時に訪れたインドのアシュラムでの教え

その教えの体験は滞在一週間後に衝撃的に起きた

『私』とは幻想に過ぎなかったと

そこでの体験を再現したく模索して出逢った宇宙の始まりの音OMの音色を持つシンギングリン

宇宙はひとつの音から始まった

OM

そこに一本の弦を弾くという知性が産まれた

その弦は一本から二本、三本へと増えて世界中へ弦楽器として広まった

インドで誕生した25弦の弦楽器サロッドは人間の知性と感情を巧みに表現する。

人は宇宙OMの大きな愛に守られている

つい忙しい日常では忘れてしまう

現実、宇宙OMの愛だけでは器用に生きていけない

人は感情のある動物だから

地球上でリズムやメロディーを刻んで表現していくのが人間だから

そこで誕生したのが

音(OM)旋(弦)響

音旋響がproduceするサウンドインスタレーション

沖縄の天然木をくり貫いて出来た宙吊りスピーカーHARD
奇蹟の音響楽器シンギングリンと感情表現豊かなインドの弦楽器サロッド

◇音と空間と量子場の世界◇

貴方はその瞬間、音になる

https://super-deluxe.com/events/20181202/

量子場調整師になるということは…

量子場調整は相手をコントロールするものでも病気や症状を治すものでもありません。

全ての出来事や病気は私達の無意識(小脳)の情報の表れと言われています。
無意識(小脳)の情報、機能は医学や量子力学の世界でも未だ解明されていないほど計り知れないものなのです。

その無意識(小脳)が量子の場を観察していて、意図により変化するという性質と小脳の情報を保持する力を使って誰でもが量子を観察し整をできる様に技術化したのが量子場調整です。

変化させることにより今まで無意識(小脳)が創り出していた癖や思考パターンが変わり病気などを自然に消滅し自分自身と統合されていくことで健康で穏やかに過ごせるようになっていくのです。

量子場調整を受ける前と後では物事の捉え方が違うと思います。

それは、無意識が変化した結果なのです。

ここで勘違いが起きやすいのですが

私の幸せは○○であるから○○になりたい
この人を○○のようにしたい
○○であるべきだ

というような願掛け、願望達成的な技術ではないのです。

ですから施術前のカウンセリングやお話しの時間にクライアント様のご希望をお聞きしてからの施術になるのです。

《親子で施術を受ける場合》
中学生までのお子様は保護者の方と同料金内で施術を受けられます。
まだ、施術が理解できない年齢のお子様にだけは寝ている間に施術することが許可されています。
その場合は基本技術(生命力)を高める施術をしてシンプルな言葉の意図だけを入れさせて頂いています。

お子様の場合は無意識が活性化していますから基本技術だけを定期的に施術してその子の個性が育つのを助けて行くだけで充分です。

親御さんが量子場観察術®量子場調整師認定®3deysを受講されるということはお子様の無意識の状態を知ることが出来て更に講座に進んでいくと、その量子の場から身体がどの様な状態なのか?
怒っているのか?
悲しんでいるのか?
心配が多いのか?
そういった感情的なことも把握できるようになり子育てがしやすくなります。

私は親子での量子場調整は二回目のヘソの緒と呼んでいます。

《量子場調整師にチャレンジ》
量子場調整師認定講座では3日間で基本技術が出来るように学びます。
その後のアドバンス講座で他者への施術とアレンジ技術を学んでいきますが何度でも無料で受講できます。

受動的に施術を受けるだけよりも能動的に自分で毎日、調整をする方が意図の現実化が加速します。

量子場調整師になることは自分の思考と身体に責任を持ち新しい自分を自分で創造していくことなのです。

叶 さとみから受講される方は3回の無料遠隔サポートが付いています。

量子場調整師認定講座®3deys認定式

情熱~無垢なる挑戦~

1954年に中国で飢餓が起こり、米国の小さな平和団体が、中国に食料をと『麻袋 穀物運動』を始めた。
穀物の詰まった沢山の麻袋が大使館前に集まったが結果、麻袋は中国へは届けられなかった。
10年後、危機の最中、米軍将校は中国に対する核攻撃に賛成しましたがアイゼンタワー大統領は10年前の穀物運動を思いだし『米国にあれほど中国を思う人々がいるならば中国を攻撃できない』と結論づけた。

私達、自身が行う全てのことは
その、結果を見なかったとしても世界に影響を与えているということ

穀物運動を始めた平和団体の代表が彼女のお父さん。

産まれた時から社会活動が身近にあり20代の頃はベトナムに戦争反対運動家として潜り込んだと冗談交じりに笑った。

そんな彼女に会えるきっかけになったのは今年の6月アムステルダムの小さなピアノミュージアムでの演奏を聞いてくれた一人の女性レスリー

レスリーは東日本大震災の救済プログラム、災害時ファーストエイドの著者で世界規模での救済が必要な災害時に指示を出すディレクター
演奏が終わると頬を桃色に高揚させて興奮気味に声を掛けてきてくれた。

『貴方達の演奏は私の友人がやっている団体の活動にピッタリ!是非、会いに行って!』

レスリーは後日、量子場調整も受けてくれた。
それが、Musician without Borderとの音旋響のであい。

アムステルダムの事務所を訪れて私達の活動の話しをして、創始者 ローラ・ハスラーが10月に日本で初めてのカンファレンスに行くと知り来日の際は是非、お会いしましょうと約束をした。

10月ローラ・ハスラー来日
カンファレンス前日
新宿のホテルで待ち合わせをして彼女のリクエストの豆腐料理を食しながら彼女が音楽でやろうとしていることを聞く

紛争後社会での和解やトラウマ治療
音楽を使っての平和構築の長期的プログラム

彼女の話しに久し振りに胸が踊る
忘れていた情熱を思い出す

ホテルの部屋に戻り私達が提供できる最高の施術をプレゼントした

~Saund on body &量子場調整~
施術から目覚めた彼女の第一声は
『私の身体に何が起きたの❗こんな体験は初めてだわ❗身体が軽い』
翌日のカンファレンスでの彼女はオランダからの長距離移動もスッカリ取れてにこやかな笑顔だった
会場で私達を見付け掛けよってきた彼女に元気そうだね!と声を掛けると
『えぇ!昨日、素晴らしいセッションを受けてね』
と悪戯っ子のような笑顔で応えてくれた。
時差も感じず8時間熟睡できたと
『貴方達のことは忘れられないわ、次はオランダで会いましょう❗』

今、Musician without Borderと来年は一緒に活動できるようにメールのやり取りをしている。

ローラ・ハスラーが感動した施術を11月18日に横浜のホテルで開催します。

https://www.musicianswithoutborders.org/2017/03/mwb-director-laura-hassler-at-tedxauc/

11月18日birthday施術🎵
横浜の港と夜景の見えるお部屋での特別な施術。

一人ひとりの人生に物語りがあるように
一人ひとりのメロディがある

聴くだけで脳波がα波θ波になる奇跡の楽器シンギングリン
sion-inc.com
オリジナル改造したグランドサロッド
そして、量子場調整で無意識から貴方の本来の輝きを引き出していきます。

この内容は海外からのお客様が来日の際に提供している特別プログラムです。

◇施術の流れ◇
□カウンセリング 30分 叶 さとみ
問題や施術内容の希望をお聞きします。カウセリングと施術の時は私とクライアント様の二人になります。

□Sound on body 20分 叶さとみ&コウサカ ワタル
シンギングリン6個で奏でる倍音ドームの中で聴くサロッドのメロディは手放したい感情を無理なく手放せて量子場調整の施術が入りやすくなります。

□量子場調整 20分 叶 さとみ
意識と無意識に橋を掛け意図が現実化しやすくなります。
過去の囚われやトラウマは量子の場を変化させることで自然に消滅していきます。
自分では治せない癖やパターンを変えてより良い人生を創造していきます!

□施術後のチェック 10分

トータル 90分 特別価格12000円
(通常シンギングリンをワンセット使用する施術と同じ料金です。)

無意識(小脳)は私達の本来の在り方を知っています。
物理的な問題、メンタル的な問題の両面からアプローチすることが可能です。

量子場調整に期待できる効果と
こんな方に受けて頂きたい…

☆骨格や歯の噛み合わせの修正
☆より健康により若々しく
☆創造的な生き方になります
☆依存症やトラウマの改善
☆睡眠障害や摂食障害
☆親子関係の改善
☆お子様の個性を尊重し才能を伸ばします(中学生までは同料金内で施術します。)
☆物理的療法で改善されなかった問題
☆もう既に幸せだけど周りの人を幸せにしたい方

施術枠
①15:00~16:30
②16:30~18:00🈵
③18:00~19:30🈵
④19:30~21:00
⑤21:00~22:30🈵

ご希望の方は問い合わせフォーム申し込み下さい。
場所はお申し込みの方にお伝え致します。

アムステルダムでレスリーか感動した演奏は

音旋響九州ツアー

11月23日 福岡 糸島 天笑庵
11:30~13:00
北インド五穀カレー(ドリンク付)1000円
アジアの小さな楽器のミニライブ無料
13:30~15:00まで楽器のワークショップ
音旋響ライブ 2000円

場所:天笑庵 糸島市志摩津和崎437
予約: 進藤浩司 090-7465-0863 koji-shindo@docomo.ne.jp
11月24日 みんなの別荘 星のきかんしゃ
長崎 雲仙にある心の故郷
一つひとつが、みんなの手作り
集まるみんなが家族になれる
助け愛、わかち愛を学べる心の学校
2500円 1ドリンク付き
14:30 会場15:00 開演

11月25日 長崎 お山の地球屋
18:00開場 19:00開演
2500円 1ドリンク付き
築150年の古民家を改装して家族で営むご飯屋さん。
釜戸でじっくり炊き上がるほっこりした料理を準備してお待ちしております。。

どちらかの会場で皆様の笑顔を拝見できることを楽しみにしています。

世界中の人の無意識と繋がれる❗

海外での量子場調整の施術は自分の無意識の活性化が手っ取り早くできる最高の手段なんです。

旅をするとその国の様々な顔が見えてきます。

ここ数年、ヨーローパに縁がありスペイン・フィンランド・オランダと巡ってきましたが同じヨーローパでもこんなにも違うものかと驚かされます。

その土地で演奏や量子場調整の施術をしているので尚更のことその個性が観ることができるのでしょう。

内戦を繰返してる国、宗教弾圧を受けた世代、人種差別や奴隷制度で苦しまれた国の人、今だに戦争をしている国からの移民、男性女性以外のセクシャリティ、それはそれは様々な職業の方が精神世界やセラピーに関心を示してくれ日本で開発された量子場調整の技術を絶賛してくます。

過酷な環境を生き抜いた方の赦しの深さ尊い愛に触れることで私の魂も癒されて
、出逢った方の無意識と繋がり施術をしていくうちに自分の諦めていたトラウマが自然と消滅していくのが実感しています。

何より施術の幅が拡がりビジョンが豊かなになりました!

○○でなければいけい
○○を失ってしまったら
○○が嫌
○○しちゃいけない

という制限が消え
今まで以上に自分に素直になっていき不安や恐怖が薄れてきています。

世界的な観点で物事を観ることを身体で覚えてきた感じです。

スペイン人は情熱の国と言われているだけあり『肝臓』が大きく感情的です。
表現に長けておりリアクションが豊かで早いです。
演奏や施術後の体験を自分自身で喜びを拡大して周囲の人達とシェアしていく傾向が強いです。

フィンランド・オランダの人は思考が整理されていて知性的です。
フィンランド人は自分と相手のスペースを上手に保ちます。
相手に気遣わせない様にタイミングを図り引き際を観ています。
他者を広い観点で見守ることが身に付いているのでしょうね。

フィンランドの教育

オランダ人はとてもフレンドリーでした。
公共の交通手段で楽器を持って移動していると
『演奏するの?日本から?』と声をかけてくれて置き場所を空けてくれて
嫌な顔をせずに頑張ってね!と励ましてくれます。
路面電車の運転手さんも
『素敵な一日を!』と送り出してくれます。
日本で楽器を持って公共の交通手段なんか使ったら大変です!
白い目で見られ煙たがられ
『すいません、私、降りますからどかして下さい。』と一歩でも無駄なく下車する権利を主張され
会場に着く頃には消耗してます(笑)

オランダの教育

その国に特色、国民性って子供の頃の教育が影響が大きく反映されてきます。

量子場調整は無意識と顕在意識に架け橋をつくり

子供の資質を無理なく育て、豊かな気質に促されていきます。

親子で量子場調整を受けられる方が増えてきて日本の未来が楽しみです(*^^*)