未分類」カテゴリーアーカイブ

音旋響八周年記念の旅 日光東照宮の巻

日光東照宮といえば
左甚五郎の眠り猫
薬師堂の天井画 鳴き龍

そして

見ざる、言わざる、聞かざるの三猿

幼い頃は周りの影響を受けやすいから世の中の悪いものは見聞きせず、悪い言葉を使わせず、良いものだけを与えよ

そういった格言を彫刻に示した作品

祖父は余りに争いごとの多い家庭環境に産まれた私に

‘’見ざる、言わざる、聞かざる‘’

そう言い聞かせ育てました。

私の無意識は勘違いをしてしまったんですね

視力は両眼共に0.1を切る0.04
左側の耳は難聴の診断
言語が極端に遅れ吃音症を発症
集団生活についていけず
学校では酷い虐めにあい友達が出来ず
学力も遅れていましたので支援学級への編入も考えられていました。

子供の頃は
母からもネクラちゃん、ブスミちゃんと呼ばれるほどのネクラ
自分の世界に閉じ籠り
殆んどを一人遊びで過ごしてました。

そんな中で事件が起きました

子供達が遊ぶ広場で何人かの男の子が竹棒を振り回していたのです
そこには小さい子も混じっていて
危険性を感じた私は

‘’危ないから止めなさい!!!‘’

そう言って竹棒を取り上げようとすると
生意気だと言って竹棒で叩いてきたのです。
最後は押さえつけられる形になり
竹棒は私の目を強打し激痛が走りました。

暫くして、大人がきて病院に運ばれ処置されましたが記憶は定かではありません。

光を入れてはいけないと目を塞がれ真っ暗でした。

その時の恐怖で泣くことも言葉を発することも出来ず
音は聴こえてもそれが何を言っているか理解できなく

見えない、聞こえない、言えない

勘違い三猿になってしまったのです。

その時

宇宙創造神の存在を初めて体験しました。

私達の魂は一つで繋がっている
太陽の親分みたいなところから飛び出て肉体という乗り物に入って
地球を体験しているんだと

はっきりと脳裏にビジョンが映し出されました。

その時、9歳

幸い、目は失明せずに済みましたが
相変わらず虐めは続いていました。

しかし

私の意識が違っていたのです
虐める子達に怒も感じず恨みつらみもなく
虐められることに恐怖もなく
痛みはあっても泣くこともなく
ただ、少し肉体から離れたところで自分を傍観しているのです。

それは

日常の生活においても同じです
大人達の争いごとも
ただ、観ている
そんな子供でした。

祖父がどんな気持ちで

‘’見ざる、言わざる、聞かざる‘’

自分の目で見て無意識の勘違い解いて来ようと思い
日光東照宮に足を運びました

三猿の彫刻の前で手を合わせた時に
祖父の気配を感じ温かい手が頬を撫でてくれたような気がし涙が溢れてきました。

現実を観る力も真実を聞く力も誠実語る力も付き不器用だけどなんとか生きてます。

そう、祖父に報告して日光東照宮を後にして

音旋響8周年記念旅の締めくくりは鬼怒川温泉でシッポリ
何処へいっても珍道中の二人ですが宜しくお願いします。

前世からのメッセージ

私の特技の一つに自分の前世をリアルに体験するという業がある(笑)

どうしても切れない腐れ縁だったり
苦しめられてるのに逃げ出せない状況だったり

自分の内側の感情を見つめていると
それは突然、走馬灯の様に始まる

その間、こちらの世界の私の記憶はなく何時間も経った気がするが時計を見るとものの数分の出来事だったりする。

無意識(小脳)の情報は計り知れないほどに防大な情報量で意識がフォーカスした場を映し出せるという性質を持っているので私が体験した現象はあってもおかしくはない。

インドでの私の前世…

少女の私は水汲みの仕事をしていた
井戸の近くの大きな木の木陰で座り休み歌を唄っていた。

そこに

一人の青年が通り掛かった

青年: 貴女は今、何をしているのですか?

少女: 私は水汲みの奴隷です、家族を養う為に水汲みの仕事をしています。

青年: 私と一緒に旅に出ませんか?

少女: 私は水汲みの奴隷ですから旅には出られません。

青年 :そうですか

青年は旅に出た。

数年が経ち…

少女は少し成長していた
いつものように井戸で水汲みを汲み大きな木の木陰で座り歌を唄っていた。

そこに少し成長した青年が通り掛かった

青年: 貴女は今、何をしているのですか?

少女 :私は水汲みの奴隷です。家族を養う為に水汲みの仕事をしています。

青年: 私と一緒に旅に出ませんか?

少女: 私は水汲みの奴隷ですから旅には出られません。

青年: そうですか

青年は旅にでた。

また、数年が経ち

少女はすっかり成長して年頃の女性になっていた。

そこに、立派に成人したあの青年が通り掛かった

年頃になった女性はいつもの木の木陰で歌を唄っていた。

青年: 貴女は今、何をしているのですか?

女性 :私は今、歌を唄っています。

青年 :私と一緒に旅に出ませんか?

女性 :私の家族は私が逃げ出さないように足を切り落として売春宿に私を売りました。
貴方と旅に出ることは出来ません。

青年は初めて腰を降ろし背中に背負っていた弦楽器を取り出して奏でた。
女性はその演奏に合わせて唄いはじめた。

‘’貴女は今、何をしているのですか?‘’

‘’私は今、歌を唄っているのです‘’

出逢ってから何年も経って
二人が初めて同じ世界を観はじめた。

今世での私は…
右足は先天性の股関節変型があり子供の頃から右足ばかり怪我をしていた。
現在も外反拇趾とヒラメ筋に筋腫があり歩くのが好きじゃない。

コウサカ ワタルとの出逢いもスムーズには始まらなかった。
屋久島で始めて彼の演奏を聞いて二人で演奏しているビジョンがハッキリ観えたが色々と面倒な事が起きそうなので全力で逃げた(笑)
その一年後に友人が再来島したコウサカを泊めて欲しいと私の家に連れてきた。

一度だけでも一緒に演奏したく7月7日に頼まれていた法事の演奏にコウサカを招き初めて音を合わせて今に至る。

量子場調整に出合って
前世の記憶を調整したり
二人の関係性を整えたり
身体本来の骨格を創造して
シンプルな身体の使い方になり歩行もスムーズなっている。
長年の外反母趾とヒラメ筋の腫瘍も小さくなっている。
何よりも、価値観も生き方も全く違うコウサカと8年も一緒に演奏しているのが奇跡に近い(笑)

前世という世界があることを知って
その世界に囚われて何も出来ないでいるか
そのメッセージに気付き一歩を踏み出すか…

私は今、世界を旅している🎵
弦楽器のコウサカ ワタルと供に…

新年号に変わった2019年4月1日
二人でインドへ旅立ちます。
今世で出逢ってから8年

私達、本来のスタートラインに立った気がしています。

国内でも細々と活動している私達を応援してくれている皆様には感謝の気持ちが尽きません。

ありがとうございます。

インドではレコーディングとコンサートを予定しています。
帰国後の施術は18日からお受けしております。
メールの返信が遅くなりますがご了承下さい。
3日間返信がない場合は再送お願いします。

大好きな貴方へ

苦しみのど真ん中にいる時に

苦しみをやめろとは言わない

怒りで全身を震わせている時に

許せとは言わない

悲しみに泣き崩れている時に

感謝しようとは言わない

私は

貴方の苦しみに

貴方の怒りに

貴方の悲しみに

共感することを恐れない

貴方の苦しみ、怒り、悲しみと

一緒にいることを戸惑わない

その先の

貴方の幸せが観えるから

貴方の輝きが観えるから

真実と向き合っている

貴方の『今』が一番、美しい

会いに来てくれて

ありがとう

父への手紙

私が父と再会をしたのは16歳の時

精神科の病棟で薬で虚ろな意識の私を見て貴方は床に泣き崩れながら私を手離したことを詫びた

さ迷っていた私の意識は肉体に戻りしっかりと状況を把握した

その時、始めて人の誠実さを私は観た

そこには怒りや憎しみなどは全く沸いてこなかった

忙しい中、休みの度に何度も病棟を訪れず外出をして社会へのリハビリに時間を費やしてくれた

再会はできたものの娘の姿を見てどんなに苦しかったか

貴方の気持ちを思うと申し訳ない気持ちが溢れてきた

『ここにいては行けない』

それだけでの想いで病院を抜け出して社会へ飛び出した…

あれから30年…

一度たりとも貴方を恨んだこともないし、貴方の新しい家族を妬んだこともない

そして、貴方は私を厳しい環境に置き手離したことの言い訳を言ったこともない…

只ただ、私を手離したことの罪悪感を背中に背負い生きてきた

会う度に発せられる私への言葉は

『悪いなぁ、お前には何にもしてやれなくて…』

その思いの深さと愛の重さに耐えられなく貴方に会う足を遠ざけた…

私が貴方と別れたのは二歳になる前

言葉は使えなくても無意識は覚えている、あの時の痛みも哀しさも何もできないもどかしさも

だから

貴方は生きていてくれれば良かった、それだけで喜びの存在

無意識の中にある愛の認識は何かをしてくれたとかではない

産まれてから46年間、一度も一緒に暮らしたことなどないが貴方の愛に疑いを持ったことはない

子供の頃、不思議と父親のいない寂しさを感じたこともない

貴方の存在を始めて知った9歳の頃

『大人になった時にいつか会いに行こう』

そう決めた時から貴方の大きな愛をより身近に感じて生きてきた…

大人の一時の感情の縺れで生き別れている親子は沢山いる

私も本来なら親となる年齢になり、そんな相談もお受けする

私が言うことはいつも一緒

『お子さんが会いたいと思った時は会わせてあげて下さいね』

和解や許しは量子場調整で調整できますから…

思考は常に比較している。

私達の思考は無意識に比較している。

スーパーに行って買い物をするとき時も

どっちの方が美味しそうかな?

こちらの方がきれいかな?

レジでお会計する時も

あの人にはサンプル入れてくれたのに私にはない!

こっちの服がいいかな?

それともこちら?

やりますよね~

毎日、日常でこんなことを繰り返して過ごしてるんです。

悲しいかな人間ってそういう動物なんですね。

何も出来ない赤ちゃんの頃は与えるられたものだけが一番で最高だったのに

自分の足で歩き始め『自我』が芽生えてくる頃から比較が始まる訳です。

比較が私達の文明社会の発展と成長のエネルギーと言っても良いですよね!

あの会社よりクオリティの高い製品を

我社の売りは○○です!

みないに比較が決して悪いと言ってる訳ではないんですよ

でもね、

その思考の罠にハマるといつまでも自分の幸せを見付けられない

夏休み

○○さん家は海外旅行ですって

いつもより長く子供と接して

家の子供は○○さんの子より遅れてるんじゃないかしら?

比較に忙しくて今を楽しめない!

こんな比較は何れ他者も自分も傷付けてしまいます。

パートナーが欲しい!結婚したい!

○○さんの旦那様は○○会社で収入がいい

○○さんに負けないパートナーが欲しい

○○さんの彼氏はスタイルが良い

あ~

せっかくの出逢いも時間も失って残された

残念な自分にならないように…

自分の幸せに気付きませんか🎵